moonbow topics

2024-03-31 07:40:00
7時半のロングビーチ

7時半のロングビーチは、風西南西7mで、波は腹~胸くらいです。波のブレイクしている辺りは、それほど風の影響を受けけてないので、面も悪くなさそうです。正面Pに約20人サーファー入ってます。坂下Pはいません。今日は南西の風で、それほど強くない予報です。内海方面で、弱めで吹くのかな?


2024-03-30 14:55:00
日中のロングビーチ

3.7㎡ Blade 65L ウルトラで昼前から乗りました。出始めジャストで、波はセットで胸肩~、ジャンプ波乗り楽しめましたが、すぐに風が落ちアンダー、4.2㎡に78Lに変えたものの、オンにふれアンダー。早い時間は風弱いながらも、風向きも良く、波もクリーンで楽しめたようです。不完全燃焼でしたが、初夏のような陽気で気持ち良いエクササイズができました。夕方はどうかな?


2024-03-30 08:54:00
O'NEILL ウェットスーツ 春、夏モデル キャンペーン もうすぐ終了

O’NEILLウェットスーツの春、夏モデルの早割キャンペーンが4月8日までとなってます。定価10%オフで、フルオーダー無料です。お店割は通常通り適用なので、大変お得なキャンペーンです。この機会に是非どうぞ。

当店の他ブランドの4D、TRUMPもフルオーダーキャンペーン期間中です。春、夏のウェットスーツも早めのオーダーがお得になりますので、ご検討ください。


2024-03-30 07:36:00
7時半のロングビーチ

西風15m、晴れ、波はだいぶ落ち着いきましたが時々オーバーヘッドサイズのセットも入ってきます。満潮で割れづらい感じです。

今日は夕方まで西風が強い予報、波もパワーありそうですので、無理のないように楽しみましょう!内海方面も波あり、波乗り楽しめているようです。今朝は気温高く、春の陽気です。


2024-03-29 08:35:00

西風シーズンも終盤ですが、先日の接触事故を受けて、ルールを教えてほしいという声も聞きましたので、ウインドサーフィン(ウェイブ)のルールについてお知らせです。

ウェイブの基本ルール

①スタボー優先

 ・右手が前の方向で進むのがスタボー艇です。波のない場所での優先権は常にスタボー艇にあります

②風下優先

・同じ方向に走っている場合は、風下側が優先となります。風上側の艇は風下側の艇の進行方向を妨げないようにしなければなりません。(同じ方向に前後で同じラインを走っている場合は、前の艇に優先権があります)

③ゲッティングアウト優先

 ・波がある場合は、ポート、スタボーに関わらず、ゲッティングアウトが優先となります。(ポートタックの風の場合は、うねりがなくなる沖ではスタボー優先になります。)特に風が抜けているときなどは、ゲッティングアウトするセイラ―は、すぐに進行方向を変えることができませんので、波に乗るセイラ―は十分注意してください。

・ストレートオンショアの場合は、ゲッティングアウト優先の判断がしにくくなるので、スタボー優先となります。

 ・ゲッティングアウトが優先ですが、故意に波に乗っているセイラ―の邪魔をすることはやめましょう。(譲り合いの気持ちを忘れずに)

④ウェイブライディングの優先権について

 ・うねりや波に最初に(沖から)乗ったセイラーが優先権を持ちます。但し、同時にそのうねりまたは波に乗った場合は、風上側のセイラーが優先となります。

※風上にいるだけで、優先と勘違いしている人も少なからずいるようなので注意してください。

 ・波の背から前の波を乗り越すのは危険です。前の波に誰か乗っている場合は勿論ですが、誰もいない場合も、サーファーや沈してるウィンドサーファーが波の陰で見えない場合がありますので、波を乗り越えて前の波に乗るのは基本的にはしないようにしましょう。

・たとえ自分に優先権があったとしても、波に乗ろうとしている人の前を横切ってボトムターンに入るような行為はとても危険ですので、やめましょう。

⑤ウェイブライディングの際は、周りをよく見て、ゲッティングアウトする人や沈している人に十分注意しましょう。(波しか見ていないセイラ―をみけけることも少なくないです)

⑥サーファーが入っている場合はサーファー優先となります。サーファーの近くでライディングしないようにしましょう。また、漁船などの船舶はウインドサーファーに気づきにくい上に、すぐに進路を変えることができず、重大な事故につながる可能性もありますので、絶対に近づかないようにしてください。

以上、主なルールをお知らせしましたが、これらは一般的なウェイブのルールです。全国のウェイブポイントには、独自のローカルルールがある場合もありますので、ローカルポイントに入る場合は、近くのショップやローカルの方に必ず尋ねるようにしましょう。また、海の上だけではなく、駐車場など、陸の上でもルール、マナーを守るようにしましょう。

西風が吹く週末や祭日の坂下ポイントはとても混雑しています。安全に楽しむために、ルールを知っておくのは大事な事ですが、譲り合う気持ちも持って、楽しくセイリングしましょう!